夜田たんの知的生活実践

ほそく・ながく・ゆるく続くブログを目指します(だいたい週一で更新中)

復職のための面談に行ってきた

two men talking
Photo by LinkedIn Sales Navigator on Unsplash

仕事に復帰するために、産業医や人事部門との面談に行ってきました。

事前準備

以下のことを事前にまとめて印刷しておきました。

  • 病状の変化の時系列
  • 仕事で負担に感じていたこと(という名目の恨み節)
  • ワーク・ライフ・バランスで不安に感じていること

当日の流れ

自分・産業医で面談

印刷したものを見せながら産業医の先生と話しました。
結構正直なところを打ち明けた感じです。
以前任意のカウンセリングを受けたこともあり、先生とは初対面ではなかったこともあり、ざっくばらんにぶっちゃけたところを話せたと思います。
「休む直前までやっていた業務を外してほしい」旨を上司たちに伝えてもらうようにお願いしました。

あとは、メンタル不調中には判断力が鈍ることがあるので、思い切った決断は調子が良くなってから、というアドバイスを受けました。
※勢い余って転職を決断するのは早計だ、と釘を刺された感じです。

自分の上司・人事部門・産業医で面談

自分は一旦退出して、上司たちが先生と面談。

自分・上司・人事部門・産業医で面談

上司の方から、復職は急がなくてよいこと、復職後は直前の仕事は外してもらえることなどを伝えられました。

終わってみて

久々に職場に行ったので、気持ちがかなり疲れました。
とりあえずこれまでの仕事からは解放されそうで一安心です。
これぐらいで疲れてどうするんだ、という感じですが、まずはちょっとずつ通勤訓練なんかをしたいと思います。